未分類」カテゴリーアーカイブ

一番人気の理由

経済系公務員はどの分野でも数年で改正される税制に対応できるように研修制度が充実していますから、見た目ほど難しい分野ではありません。常に税制には最も詳しくなければ地域住民の問い合わせに対応できませんから、定年までは生涯学び続けなければいけないという制約はあるものの、学ぶ事が好きな人には向いています。

特に国税専門官の中でも法人対象に業務を行っている人は、様々な企業人との出会いに恵まれている面では、学ぶ事が多いのが特徴です。高い専門性を求められる関係上、年収も高額である事はいうまでもありません。移動が多いと言ってもいきなり南方から北方へ移動するような事はなく近県を移動する程度ですが、やはり早ければ3年で引っ越しを余儀なくされるという事は、多忙な業務の合間に引っ越し作業があるという事ですから、確かに激務ですがキャリアアップも何度も体験できる楽しみもあります。

研修を積んだ体験は税理士として第2の人生をスタートさせるチャンスもあるという事ですし、財務専門官としての実績は財務省や金融庁などへの進出も可能という事になりますから、報酬の高さプラスアルファという楽しみもあります。国税のプロとしての住民との出会いを始め地域住民の税金に関する声を直接聞けるというのも、とても大事な場所にいる事であり、地域への貢献を実感できるという意味では確かにやりがいのある職務です。安定してやりがいのある仕事をしたいなら自主学習や専門学校・講座などを利用して公務員を目指すといいでしょう。

税金のスペシャリスト

国税専門員は税金の専門家ですから税制に詳しい事はもちろんですし、悪質な滞納者には断固とした姿勢で臨む正義感や厳しさも要求されます。2年ごとに改正される税制にも適応していかなければなりませんから、たえず簿記や税法に関する研修を重ねている事に加えて、転勤が少ない他の公務員とは違い、3年ないし5年程度で全国各地へ移動を命じられるため激務になりますが、何度でもキャリアアップできますし多種多様な出会いの中で成長できる部門でもあります。

最もやりがいがある職務として人気があるというのも、頷けます。税務署職員は地域住民の声を最も拾いやすい場所ですから、わたしたち国民が最も身近に感じられる部署です。滞納を続けると最悪のケースでは財産差し押さえされてしまう事もありますから、少々怖いイメージですが、基本的人権を侵すような強制的なものではなく、あくまでも捜査が主要業務です。法人部門での業務にいたっては帳簿確認程度で、強引な取り調べをされる事はほとんどない代わりに、多種多様な企業人との出会いがある分だけ学ぶ事がここにもあるという意味では、他の公務員にはない魅力が豊富な分野です。

財務専門官はまだ解説されて間もない部門ですが、法人税関連と証券取引関連とはやはり扱う内容が違いますし、限られた人員の中であまりに広範囲を扱うのは大変という事もあって追加されたであろう事は容易に想像できまず。個人と法人との扱いも違うのですが、多くの地方税務署では兼務されています。

経済係公務員の仕事

今回は“経済関係の公務員”がテーマです。経済系公務員は国家公務員であり国税や所得税など税金に関わる業務を主として行っている、税務の専門家です。毎月年度末には確定申告や青色申告などで何かと御世話になっていますから、公務員の中で最も身近で馴染んでいる職業の1つでしょう。税務署で何かと御世話になっている職員の方々はみなさん国家公務員です。

近頃は女性職員も増えてきました。経済系公務員は国税専門官・税務職員・財務専門官の3つの職務があります。国税専門官は国税局や税務署で会えますし、もちろんここでも女性が大いに活躍しています。映画で一躍有名になった“マルサ”は国税調査官に相当し、確定申告シーズンは激務となりますが、シーズンオフとなれば主に問い合わせへの対応のみとなります。他に国税徴収官・国税査察官の3部門で構成されており、所得税や法人税または相続税といった税金が、スムーズに納入されるように管理指導をするのが国税専門官の仕事です。

長期滞納すると特別国営徴収官の厳しい指導が入ります。指示に従わないと家宅捜査を実施して告発するのも業務の1つです。財務専門官は証券取引関連での税務の専門家であり、業務の大半は国税専門官の業務内容と一緒ですが、個人の資産というより金融機関との関わりが深い分野ですから、一般市民が直接出会う機会は少なく銀行や証券会社などに勤務している人たちの方が身近な存在でしょう。と言っても具体的には検査や監督・証券取引の監視などが主な業務となりますから、あまり会いたくない存在かもしれません。