一番人気の理由

経済系公務員はどの分野でも数年で改正される税制に対応できるように研修制度が充実していますから、見た目ほど難しい分野ではありません。常に税制には最も詳しくなければ地域住民の問い合わせに対応できませんから、定年までは生涯学び続けなければいけないという制約はあるものの、学ぶ事が好きな人には向いています。

特に国税専門官の中でも法人対象に業務を行っている人は、様々な企業人との出会いに恵まれている面では、学ぶ事が多いのが特徴です。高い専門性を求められる関係上、年収も高額である事はいうまでもありません。移動が多いと言ってもいきなり南方から北方へ移動するような事はなく近県を移動する程度ですが、やはり早ければ3年で引っ越しを余儀なくされるという事は、多忙な業務の合間に引っ越し作業があるという事ですから、確かに激務ですがキャリアアップも何度も体験できる楽しみもあります。

研修を積んだ体験は税理士として第2の人生をスタートさせるチャンスもあるという事ですし、財務専門官としての実績は財務省や金融庁などへの進出も可能という事になりますから、報酬の高さプラスアルファという楽しみもあります。国税のプロとしての住民との出会いを始め地域住民の税金に関する声を直接聞けるというのも、とても大事な場所にいる事であり、地域への貢献を実感できるという意味では確かにやりがいのある職務です。安定してやりがいのある仕事をしたいなら自主学習や専門学校・講座などを利用して公務員を目指すといいでしょう。